互換ソフトの利点

AUTO CADは建築業界では必須ソフトと言われています。最近は建築以外の業界でもAUTO CADを導入するケースがあり、シェアはどんどん増えています。AUTO CADは非常に便利ですが値段が高いデメリットもあり、維持費だけで経費を圧迫する事もありました。互換性ソフトウェアと言えば個人ユーザーが使うものというイメージがあるかもしれませんが、最近ではコスト削減のため企業での導入例もあります。

ソフトウェア互換性ソフトウェアはいわゆる海賊版とは違います。値段が安いのは自社開発などでコストを削減させた結果で、正規で販売されているソフトについてはコンプライアンス上の問題はありません。互換性も年々向上し、AUTO CADの最新機能にも対応しているソフトウェアが多くあります

互換性ソフトウェアの魅力として、多くの開発が日本の会社によって開発されている事があげられます。そのためユーザーの意見が反映されやすく、バージョンアップ毎に改良が加えられています。また操作性やライセンス更新などが日本人にとって分かりやすい所も利点です。マニュアルやメール対応などのサポート体制も日本企業ならではのきめ細かさがあり、安心できるポイントです。

≪参考HP≫Auto CAD購入_アレス

Pocket

拡張子に注意する

ホームページAUTO CADの互換ソフトは一種類ではありません。互換ソフトウェアを選ぶ時は自分がAUTO CADで使いたい機能を確認し、互換ソフトウェアにそれが含まれているかを確認します。最近は互換ソフトウェアの性能も大きく上がっていて、AUTO CADの機能の殆どは互換性ソフトウェアに含まれています。操作性もAUTO CADにできるだけ近づけているものが多いため、よほど特殊な作業をしない限り神経質に確認する必要はありません。互換性ソフトウェア会社ホームページで確認する程度で大丈夫でしょう。

互換ソフトウェアのトラブルで多いのは、仕事などでファイルを他者へ渡した時に相手がファイルを開けない事です。その場合、拡張子が原因の時があります。互換ソフトウェアを使っている場合、デフォルトの拡張子がそのソフト固有のもので設定されている事があります。相手側が同じ互換ソフトウェアを使っていれば問題ないのですが、そうでない場合は固有拡張子が開けず、エラーとなります。

それを避けるためには相手が使っている互換ソフトを確認しその拡張子にする方法もありますが、一番簡単なのはAUTO CADの拡張子である.dxfにする事です。これなら相手がどんな互換ソフトを使っていても問題なく開く事ができます。

互換ソフトの利点

Pocket

AUTO CAD互換

AUTO CADはトラブルが多いという人もいますが、自分で気を付ける事で回避できるトラブルもあります。トラブルの中で多いのは、ファイルが開けないというものです。こういったトラブルがあると互換ソフトウェアは利便性がないと思ってしまいますが、これはファイルの拡張子をAUTO CADに合わせる事で解決できます

また起業に限らず個人で導入する際に気になるコンプライアンス性ですが、こちらも正規で販売されているものなら問題はありません。価格の安さは余計な経費を省く事でコストカットした成果であったり、販売台数を多くする事でソフト一本当たりの値段を下げるなど、企業努力によって価格が抑えられています。それでもコンプライアンス上の心配がある場合は、開発会社のホームページで確認するか直接問い合わせをすれば良いでしょう。

AUTO CADAUTO CADと互換ソフトウェアの機能性は年々開きが少なくなっています。最近はAUTO CADの最新機能でも互換性ソフトウェアで再現可能ですから、操作性、機能性共にほぼ問題はないと言っても問題ありません。

AUTO CADはアメリカの会社で開発されたソフトですが、その互換ソフトウェアの多くは日本で開発されています。これは互換ソフトウェアの強みです。日本企業のユーザーサポートは海外でも高い評価を受けています。自己責任の下で使用する事が原則ではありますが、万一のトラブルでも日本企業ならサポート体制に安心が持てます。

拡張子に注意する

Pocket