拡張子に注意する

ホームページAUTO CADの互換ソフトは一種類ではありません。互換ソフトウェアを選ぶ時は自分がAUTO CADで使いたい機能を確認し、互換ソフトウェアにそれが含まれているかを確認します。最近は互換ソフトウェアの性能も大きく上がっていて、AUTO CADの機能の殆どは互換性ソフトウェアに含まれています。操作性もAUTO CADにできるだけ近づけているものが多いため、よほど特殊な作業をしない限り神経質に確認する必要はありません。互換性ソフトウェア会社ホームページで確認する程度で大丈夫でしょう。

互換ソフトウェアのトラブルで多いのは、仕事などでファイルを他者へ渡した時に相手がファイルを開けない事です。その場合、拡張子が原因の時があります。互換ソフトウェアを使っている場合、デフォルトの拡張子がそのソフト固有のもので設定されている事があります。相手側が同じ互換ソフトウェアを使っていれば問題ないのですが、そうでない場合は固有拡張子が開けず、エラーとなります。

それを避けるためには相手が使っている互換ソフトを確認しその拡張子にする方法もありますが、一番簡単なのはAUTO CADの拡張子である.dxfにする事です。これなら相手がどんな互換ソフトを使っていても問題なく開く事ができます。

互換ソフトの利点

Pocket