互換ソフトの利点

AUTO CADは建築業界では必須ソフトと言われています。最近は建築以外の業界でもAUTO CADを導入するケースがあり、シェアはどんどん増えています。AUTO CADは非常に便利ですが値段が高いデメリットもあり、維持費だけで経費を圧迫する事もありました。互換性ソフトウェアと言えば個人ユーザーが使うものというイメージがあるかもしれませんが、最近ではコスト削減のため企業での導入例もあります。

ソフトウェア互換性ソフトウェアはいわゆる海賊版とは違います。値段が安いのは自社開発などでコストを削減させた結果で、正規で販売されているソフトについてはコンプライアンス上の問題はありません。互換性も年々向上し、AUTO CADの最新機能にも対応しているソフトウェアが多くあります

互換性ソフトウェアの魅力として、多くの開発が日本の会社によって開発されている事があげられます。そのためユーザーの意見が反映されやすく、バージョンアップ毎に改良が加えられています。また操作性やライセンス更新などが日本人にとって分かりやすい所も利点です。マニュアルやメール対応などのサポート体制も日本企業ならではのきめ細かさがあり、安心できるポイントです。

≪参考HP≫Auto CAD購入_アレス

Pocket